自賠責保険(強制保険)は自動車を使用する際に加入が義務付けられている保険です。無保険車両を運転した場合には法律によって罰せられます。こちらでは自賠責保険と任意で加入する自動車保険(任意保険)の補償内容の違いを簡単に比較しています。

  • >
  • 自賠責保険と任意保険

補償範囲の違いを比較する

自動車を購入した場合には、自動車賠償責任保険(自賠責保険)という強制保険への加入が義務付けられています。しかし実際の事故で発生する損害賠償に対して、自賠責保険の補償では不足する場合もあり、万が一事故を起こしてしまった場合に非常に困ります。

自賠責保険では補えない分を補償をするために、損害保険会社では自動車保険(任意保険)を提供し、多くのドライバーが自動車保険に加入しています。


自賠責保険(強制保険)の補償内容

自賠責保険の補償内容を確認する。
モノやクルマは対象外。相手の身体に関してのみ賠償対象。

自賠責保険(強制保険)は自動車事故の被害者救済を目的に作られた保険ですので、補償される範囲は人身事故の賠償損害のみになります。

自賠責保険の補償額は、被害に遭われた方1人につき、死亡の場合は最高で3,000万円、後遺障害の場合は最高で4,000万円、傷害の場合は最高で120万円となります。

自賠責保険の支払い限度額(被害者1人に対する)
死亡事故 死亡による損害 3,000万円
死亡に至るまでの傷害による損害 120万円
傷害事故 傷害による損害 120万円
後遺症による損害 4,000万円

1回の事故で複数の被害者が出た場合でも、人数に制限なく各々に限度額まで補償されますが、支払い対象はあくまでも事故で被害を受けた他人であり、事故を起こしたドライバー自身には支払われません。また自賠責保険は「人」に対する保険ですので、物損などに関しては補償はありません。


自動車保険(任意保険)の補償内容

任意保険の補償内容を確認する。
自賠責保険だけでは補いない部分を補償。

自動車保険(任意保険)は自賠責保険ではカバーできない部分を補償する、任意で加入する自動車保険です。約70%のドライバー(自動車)が、対人賠償や対物賠償など、何らかの自動車保険に加入しています。

対人賠償保険
他人を死傷させたときの損害賠償責任に対する補償。
対物賠償保険
他人の財産(車やモノ)に損害を与えた賠償責任に対する補償。
自損事故保険
賠償金が支払われるべき相手がいない為、自車の保険で補償。
無保険車傷害保険
相手方が無保険だった場合、自車の保険で補償。
搭乗者傷害保険
自車に同乗していた人が死傷した場合の補償。
車両保険
自身の車両の損害への補償。

自動車保険には、対人保険、対物保険、搭乗者保険、車両保険、人身傷害保険など、目的にあわせて色々な種類の保険が用意されています。これらの保険は、SAPやPAPなどセットで加入することが多いですが、個別に加入することもできます。