自損事故保険とは、運転者が自らの責任で起こした自動車事故(単独事故)によって死亡したり、傷害、または後遺障害を被った場合に保険金が支払われます。相手がいない事故の場合でも、自損事故保険によって最低限の補償が受けられる保険です。

自動車保険 自損事故保険とは?

自損事故保険とは、ガードレールに衝突したり 崖から落ちるなどの単独事故、信号無視により他車に衝突するなど、自車に100%の過失がある事故により、運転者が死亡したり、後遺障害または傷害を被った場合に適用される保険です。

相手がある事故で、相手側に少しでも過失責任がある場合には、自車の自損事故保険は適用されず、相手の自賠責保険から保険金が支払われます。


保険の支払い対象

自損事故保険の支払い対象を確認する。
100対0の事故や自損事故を補償するための保険。

自損事故保険は自車の所有者や運転者(被保険者)が死亡したり、後遺障害または傷害を被った場合に支払われる保険です。自賠責保険から補償を受けられない場合のみ適用されます。

自損事故保険の補償内容は、死亡時1,500万円、後遺傷害の場合は50万円〜1,500万円(介護が必要ない場合は350万円を上限)となっています。支払われる保険金は定額となっているため、実際の損害額が全て補償されるものではありません。

自損事故保険の保険金
死亡保険金 1名につき1,500万円
後遺障害
保険金
障害の度合いにより50万円〜1,500万円
介護費用
保険金
重度後遺障害による介護状態により200万円〜350万円
医療保険金 入院は日額6,000円。通院は日額4,000円
(1名につき最高100万円まで)

事故によるケガが原因で入院した場合は、1日あたり6,000円、通院では1日あたり4,000円(ともに100万円を限度)と保険金が定められていて、自損事故保険の保険金は、搭乗者傷害保険とは別に支払われます。


自損事故保険 ここがポイント!

人身傷害補償保険に加入されている場合は、自損事故保険からは保険金の支払いがありません。また、酒酔い運転や無免許運転、運転者の重大な過失による事故はもちろん、自殺など故意の事故でも保険金は支払われません。

自損事故保険は、SAPやPAPまたは対人賠償保険を契約すると自動的にセットになっていることが多く、保険料を上乗せして支払うする必要はありません。

自動車保険(任意保険)の補償内容

自動車保険(任意保険)には自損事故保険の他にもさまざまな補償が受けられる保険が用意されています。各保険に関しての詳しい情報は保険別のページをご確認下さい。

対人賠償保険
他人を死傷させたときの損害賠償責任に対する補償。
対物賠償保険
他人の財産(車やモノ)に損害を与えた賠償責任に対する補償。
自損事故保険
賠償金が支払われるべき相手がいない為、自車の保険で補償。
無保険車傷害保険
相手方が無保険だった場合、自車の保険で補償。
搭乗者傷害保険
自車に同乗していた人が死傷した場合の補償。
車両保険
自身の車両の損害への補償。