車両保険とは、契約している自動車が偶然の事故や災害によって損害を受けた場合に修理代が支払われる保険です。車両保険は補償内容によって保険料にかなり開きがでます。車両保険に加入する場合は、必要とする補償内容を見極めることが重要です。

自動車保険 車両保険とは?

自動車事故では自分の車も損傷を受ける場合がほとんどです。また、運転中以外にもさまざまな災難によって自動車が壊れることもあります。車両保険に加入することにより、衝突・接触事故の他、火災・爆発・盗難・台風・洪水・高潮など、偶然的な事故により車両に損害が生じた場合でも修理費や全損保険金が補償されます。

車両保険では免責金額が設定できるので、車両保険を使わずに修理代を自己負担するべきか、それとも車両保険を使うべきか、修理の見積もり金額によって判断しなければなりません。保険料は高くなりますが、免責負担の無い「免責ゼロ特約」も用意されています。


補償内容の違いを比較する

車両保険の支払い対象を確認する。
一般車両保険とエコノミー車両保険の違い。

車両保険では保険金額の設定に自由度はないものの、補償内容は自分で選択することができます。車両保険の補償範囲や免責の金額設定によって支払う保険料が大きく変わってきますので、ご自分に必要な車両保険をじっくり検討されることをお勧めします。

車両保険の種類と適用内容
一般車両保険 エコノミー車両保険 車対車+限定A
他車との接触
自損事故
単独事故
× ×
当て逃げ
(相手不明)
× ×
災害 ×
盗難 ×
一般車両保険
一般車両保険では、自動車同士の接触、衝突、また転覆や墜落の他、ガードレールや電柱などとの接触、衝突での損害も補償の対象となります。また、火災や水害、盗難などによる被害にも対応しています。一般車両保険は補償が充実している分、支払う保険料も高くなります。
エコノミー車両保険
エコノミー車両保険とは、車同士の事故に限り保険金が支払われる車両保険のことです。事故の相手方の確認が必要になるため、当て逃げ事故では保険金が支払われません。また、災害や盗難に関する補償もなくし、補償範囲をかなり限定することで、支払う保険料を安く設定しています。
車両危険限定A特約
車両危険限定A特約とは、自動車の火災や爆発、盗難、落書き、ガラス破損などによる損害をカバーする車両保険の特約です。車両保険の補償範囲を限定することで、支払う保険料を安くすることができます。車両危険限定A特約を付帯した場合は、走行中に起きた接触、衝突、転覆、墜落などによる被害は補償の対象になりません。
エコノミー車両保険+車両危険限定A特約(車対車+限定A)
車対車+限定Aとは、エコノミー車両保険の補償範囲に、車両危険限定A特約を付加した車両保険です。保険料は一般車両保険よりも安いので、自損事故の可能性が低いベテランドライバーにお勧めです。

車両保険 ここがポイント!

対物賠償保険は他人のクルマやモノに対しての保険ですが、車両保険は自分のクルマを補償するための保険です。一般車両保険は補償内容が充実している分、保険料は高くなりますが、車両の盗難や単独事故、当て逃げによる損害なども補償してくれます。

一般車両保険の補償内容から単独事故と当て逃げによる損害補償を除き、保険料を安く設定している保険が「車対車+限定A」になります。また、補償範囲を他車との接触などによる損害だけに限定し、さらに保険料を安く設定している保険がエコノミー車両保険です。

車両保険の保険金額は契約する自動車の年式や種類の時価を基に決定します。50万円の値打ちしかない車両に300万円の車両保険を掛けたり、500万円の車両に100万円の保険を掛けることはできません。一般的に車両価格が高いクルマや事故率の高い車両ほど支払う保険料が高くなります。


自動車保険(任意保険)の補償内容

自動車保険(任意保険)には車両保険の他にもさまざまな補償が受けられる保険が用意されています。各保険に関しての詳しい情報は保険別のページをご確認下さい。

対人賠償保険
他人を死傷させたときの損害賠償責任に対する補償。
対物賠償保険
他人の財産(車やモノ)に損害を与えた賠償責任に対する補償。
自損事故保険
賠償金が支払われるべき相手がいない為、自車の保険で補償。
無保険車傷害保険
相手方が無保険だった場合、自車の保険で補償。
搭乗者傷害保険
自車に同乗していた人が死傷した場合の補償。
車両保険
自身の車両の損害への補償。