対物賠償保険とは、自動車事故で相手の車やバイク、家屋、標識、ガードレール等、他人のモノを破損させてしまった場合に補償される保険です。損害賠償責任を負った場合に適用される保険なのて、自分のクルマやモノに対しては補償されません。

自動車保険 対物賠償保険とは?

対物賠償保険は、自動車事故を起して負った損害賠償責任のうち、人的被害を除いた部分(対人賠償保険の適用外の部分)に関して補償する保険です。事故が原因で壊れた物の修理費や再購入費、事故によって生じた休業損害、動物を跳ねてしまって賠償責任を負った場合なども対物賠償保険が適用されます。

対物賠償保険の設定金額は、大型信号機や道路標識施設、特殊車両やその積荷まで考えた場合、1,000万円以上に設定することが適切だと言えます。


保険の支払い対象

対物賠償保険の支払い対象を確認する。
他人のモノ(財産)を補償するための保険。

他人の車に衝突して破損させたり、自動車事故を起こしたことにより、建物や塀など他人の財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合には、対物賠償保険から保険金が支払われます。保険の対象となるのはあくまでも他人の所有物やその財物です。

対物賠償保険の適用範囲
支払い対象 事故相手のモノ(車や積荷、バイク、家屋など)
事故相手の建物
事故相手の動物(ペット、家畜など)
道路標識やガードレールなど
対象外 自車の修理費や再購入費
自車の積荷
自分の持ち物(車、家屋など)

加害者が法的に支払わなければいけないものは、対物賠償保険から支払われ、この保険で支払われないものは賠償しなくて良いというのが一般的です。しかし保険外で加害者に自己負担を求められる場合などもあり、示談までに時間のかかるケースもあります。


対物賠償保険 ここがポイント!

対物賠償保険で注意しなければならないのは、自分の車やモノの損害は補償できないという事です。例えば、車庫入れに失敗し、自分の家の塀を壊してしまった場合などは保険の適用外となります。

また、家族がそれぞれ自分の車を運転していて、不運にもお互いの車同士で事故を起こしてしまったなど、保険契約者とその配偶者・同居の親族間などで起きた事故の場合も対物賠償保険の対象外となります。

万が一に備え、自分の車やモノに関して保険を必要とされる場合は、車両保険や身の回り品に関して補償が受けられる保険に加入しておく必要があります。


自動車保険(任意保険)の補償内容

自動車保険(任意保険)には対物賠償保険の他にもさまざまな補償が受けられる保険が用意されています。各保険に関しての詳しい情報は保険別のページをご確認下さい。

対人賠償保険
他人を死傷させたときの損害賠償責任に対する補償。
対物賠償保険
他人の財産(車やモノ)に損害を与えた賠償責任に対する補償。
自損事故保険
賠償金が支払われるべき相手がいない為、自車の保険で補償。
無保険車傷害保険
相手方が無保険だった場合、自車の保険で補償。
搭乗者傷害保険
自車に同乗していた人が死傷した場合の補償。
車両保険
自身の車両の損害への補償。