対人賠償保険とは、自動車事故で歩行者や相手の車に乗っている人など、他人を死傷させてしまった場合に、自賠責保険だけではカバーできない部分を補うための保険です。任意保険加入者の約90%は補償金額を無制限で契約されています。

自動車保険 対人賠償保険とは?

自動車事故によって他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合には自賠責保険(強制保険)によって保険金が支払われます。しかし、損害賠償金額が自賠責保険の支払い上限金額をオーバーした場合は、不足分を加害者本人が支払わなければいけません。

対人賠償保険は、このような場合に備えて自賠責保険の不足分を補う保険です。事故の相手が高額所得者や子供の場合など、損害賠償金額が高額になるケースも珍しくありません。もしものときに自賠責保険の補償だけでは不充分になります。


保険の支払い対象

対人賠償保険の支払い対象を確認する。
交通事故で他人を死傷させた場合が対象となる。

自動車を運転中に歩行者をはねてしまったり、他車に追突して、乗っている人にケガを負わせてしまったなど、自動車事故を起こして他人を死傷させてしまった場合には、法律上の損害賠償責任を負わなければなりません。

賠償金額が自賠責保険(強制保険)で支払われる限度額を超えてしまった場合には、自動車保険(任意保険)の対人賠償保険から保険金が支払われます。

対人賠償保険は事故の相手(他人)に対して賠償するための保険です。自分や家族に対しては、搭乗者傷害補償保険や人身障害補償保険によって補償が受けられます。

対人賠償保険の適用範囲
支払い対象 事故相手の運転者
事故相手の搭乗者
自車の家族以外の搭乗者
歩行者や自転車(他人)
対象外 自車の運転者(他人が運転していた場合も含む)
自社の搭乗者(家族)
保険契約者の配偶者。子供・同居の親族など

対人賠償保険では、治療費、慰謝料、給料(逸失利益)、休業損害、入院費などに関して、事故の相手に保険金が支払われます。


対人賠償保険 ここがポイント!

対人賠償保険は、事故の相手(車やバイク、自転車、歩行者など)を死傷させた賠償補償として保険金が支払われます。相手の車両や積載物など「モノ」に対する補償は、対人賠償保険は適用されず、く対物賠償保険から保険金が支払われます。

対人賠償保険では、補償の対象者が「他人」に限定されています。事故の相手が身内(家族)の場合には対人賠償保険は適用されません。

自車の運転者が友人(他人)の場合でも補償の対象外となります。但し、保険契約者が自車を運転中に事故を起こし、友人(他人)を同乗して死傷を負わせてしまった場合は、対人賠償保険保険が適用されます。

対人賠償保険の補償金額を1億円や2億円で設定した場合と無制限で設定した場合とを比較しても、保険料はそれほど変わりません。万が一に備えて、対人賠償保険の補償範囲は無制限に設定されることをお勧めします。


自動車保険(任意保険)の補償内容

自動車保険(任意保険)には対人賠償保険の他にもさまざまな補償が受けられる保険が用意されています。各保険に関しての詳しい情報は保険別のページをご確認下さい。

対人賠償保険
他人を死傷させたときの損害賠償責任に対する補償。
対物賠償保険
他人の財産(車やモノ)に損害を与えた賠償責任に対する補償。
自損事故保険
賠償金が支払われるべき相手がいない為、自車の保険で補償。
無保険車傷害保険
相手方が無保険だった場合、自車の保険で補償。
搭乗者傷害保険
自車に同乗していた人が死傷した場合の補償。
車両保険
自身の車両の損害への補償。