搭乗者傷害保険とは、保険加入車の搭乗者(運転手や同乗者すべてを含む)が交通事故で死傷や傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。搭乗者傷害保険は保険金の支払い請求を行なっても等級には影響しません。

自動車保険 搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険では、保険加入車に乗っていた人が事故により死亡したり、負傷した場合に定額の保険金が支払われます。事故は加害事故でも被害事故でも区別なく補償され、同乗者だけではなく、運転者も給付の対象となります。

自損事故の場合には、自損事故保険と重複して保険金を受け取ることができます。また、シートベルトをしていたにもかかわらず死傷した場合には、保険金に30%(300万円限度)の上乗せされます。入院や通院日数は事故日より180日が保険の適応の限度となります。


保険の支払い対象

搭乗者傷害保険の支払い対象を確認する。
保険契約車両のドライバーと同乗者が補償の対象となる。

搭乗者傷害保険は、保険を契約した自動車に搭乗中の人(ドライバーと同乗者)が、死亡または傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。以下は搭乗者傷害保険の主な補償内容です。

死亡保険金
事故発生から180日以内に、そのケガを直接の要因として死亡した場合、1名につき設定した保険金額の全額が支払われます。
シートベルト装着者特別保険金
搭乗者がシートベルトを締めていて死亡した場合、300万円を上限に保険金額の30%に相当する額が上乗せされます。例えば搭乗者傷害保険を1,000万円で契約していた場合は、300万円加算され、合計1,300万円が支払われることになります。
後遺障害保険金
事故のケガがもとで、事故から180日以内に後遺障害が認められた場合は、その障害の程度によって保険金額の4〜100%が支払われます。
重度後遺障害保険金
事故で重度の後遺障害を負い、なおかつ介護が必要と認められた場合、100万円を限度に保険金額の10%にあたる額を後遺障害保険金に上乗せされます。
医療保険金(日額払い)
ケガの治療の為に入院、通院した場合に支払われるもので、入院は1日につき保険金額の0.15%、通院は0.1%が支払われます。例えば1,000万円で契約している場合、入院1日に付き1万5,000円が支払われることになります。
医療保険金特約(部位症状別払い)
症状や傷害の部位に応じて、定額(一定の決まった金額)を先に払ってしまう制度です。保険料は若干安くなりますが、多忙でなかなか病院に通えないような人にとっては、定額払いの方が便利だという声もあります。

搭乗者傷害保険 ここがポイント!

搭乗者傷害保険は、保険を契約した自動車に搭乗中の人が死亡または傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。「搭乗者」とは、その自動車に乗っている全ての人、つまり、同乗者だけではなくドライバー本人も含まれます。

他車との事故だけでなく、自分の車の窓に指を挟んでケガをした場合なども保険金の支払い対象になります。尚、搭乗者傷害保を利用しても無事故等級には影響がありません


自動車保険(任意保険)の補償内容

自動車保険(任意保険)には搭乗者傷害保険の他にもさまざまな補償が受けられる保険が用意されています。各保険に関しての詳しい情報は保険別のページをご確認下さい。

対人賠償保険
他人を死傷させたときの損害賠償責任に対する補償。
対物賠償保険
他人の財産(車やモノ)に損害を与えた賠償責任に対する補償。
自損事故保険
賠償金が支払われるべき相手がいない為、自車の保険で補償。
無保険車傷害保険
相手方が無保険だった場合、自車の保険で補償。
搭乗者傷害保険
自車に同乗していた人が死傷した場合の補償。
車両保険
自身の車両の損害への補償。